ムダ毛の処理方法一覧

女性なら誰でも1度は行ったことのある、ムダ毛の処理。せっかく買ったかわいい下着も、ムダ毛がはみ出ていては可愛さが半減してしまうものですよね。気になるムダ毛の処理方法や、それぞれに対するメリット・デメリットをまとめてみました。

毛を剃る方法・剃毛

カミソリで行うムダ毛の処理

ムダ毛処理の中で最もメジャーな方法が、カミソリです。

手軽に行えて費用も安いので若い世代の女性を中心に人気がありますが、正しい方法でムダ毛処理を行わないと、肌がボロボロになってしまうので、注意しましょう。

カミソリのメリット

  • 費用が安い
  • どこでも手に入る
  • 一度に広範囲のムダ毛を処理できる

カミソリのデメリット

  • 頻繁にお手入れが必要
  • 肌を傷つけやすく、ダメージが大きい
  • カミソリ負けをする可能性がある

電気シェーバーで行うムダ毛の処理

男性用ひげそりのように、自動的にムダ毛処理を行えるのが、電気シェーバーです。

レディースシェーバーとも呼ばれ、現在では様々な性能を持つものが販売されているため、豊富な種類から選ぶことができます。

電気シェーバーのメリット

  • カミソリに比べて、肌が傷つきにくい
  • 自動で手間がかからない
  • 肌への当たりが優しい

電気シェーバーのデメリット

  • 頻繁にお手入れが必要
  • 剃り方が浅く、残った毛が目立ちやすい
  • 剃った断面が広く、剃り跡が気になる

ヒートカッターで行うムダ毛の処理

熱線を利用し、毛を焼切るようにしてムダ毛処理を行うのがヒートカッターです。

皮膚の上に露出するムダ毛を全体的に処理するというよりも、下着からのムダ毛のはみ出しなど、長さ調節に役立ちます。

ヒートカッターのメリット

  • 毛先が丸くなるため、処理後にチクチクしない
  • 毛を残したい部分のメンテナンスができる

ヒートカッターのデメリット

  • 毛を焼切る際の臭いや煙が気になる
  • 高温のためやけどをする可能性がある

毛を抜く方法・脱毛

毛抜きによるムダ毛処理

ほとんどの家庭に置いてある毛抜きでのムダ毛処理は、眉などの小さな範囲や、剃り残し部分の処理として行う方も多いようです。

実際は毛抜きでのムダ毛処理は、毛穴に大きなダメージがかかるため、あまりオススメできません。

毛抜きのメリット

  • ムダ毛処理方法の中で最も安価
  • 細かい部分まで処理できる
  • 毛根から抜ければ、しばらく生えてこない

毛抜きのデメリット

  • 毛穴が開き、ブツブツ肌、炎症・化膿を引き起こす
  • 埋没毛になりやすい
  • 広範囲のムダ毛処理には不向き

脱毛テープによるムダ毛処理

脱毛テープは、ドラッグストアなどで手軽に購入でき、誰でも簡単に使用できるムダ毛処理方法です。

一気に広範囲のムダ毛処理が行えますが、痛みや肌への負担が大きいため、肌トラブルを起こしやすい方法でもあります。

脱毛テープのメリット

  • 手に入りやすく、比較的安い
  • 一気に広範囲のムダ毛を処理できる
  • 毛周期を遅らせ、しばらくの間ムダ毛が生えない

脱毛テープのデメリット

  • テープを剥がす時に痛みがある
  • 粘着シートが肌に大きなダメージを与える
  • 皮膚や毛穴の炎症、黒ずみ、埋没毛を引き起こす

家庭用脱毛器によるムダ毛処理

家庭用脱毛器は、美容サロンやクリニックに行かずとも、自宅でプロ級のムダ毛処理ができます。

少し高価ではありますが、長く使い続けることができ、お店でムダ毛処理を行うよりも安く済むことが多い方法です。

レーザー式家庭用脱毛器

クリニックの永久脱毛でも取り入れられている方法で、メラニン色素に反応し、レーザーを当てることで毛根や周辺組織を破壊します。

家庭用は一般の方でも安全に使用できるよう、医療用よりも出力を下げているため、多少手間がかかります。

フラッシュ式家庭用脱毛器

「光脱毛」とも呼ばれており、レーザー脱毛と同じ原理ですが、波長の違うレーザーを高範囲に照射することで脱毛を行います。

痛みは少ないものの、レーザー脱毛に比べると、効果を発揮するのに時間を要します。

熱線式(サーミコン式)家庭用脱毛器

ヒートカッターを広範囲に適用させた脱毛器で、最も新しく開発された脱毛方法です。

「脱毛器」という名称で販売されていますが、毛根に直接アプローチできないため、「除毛器」と考えて使いましょう。

超音波脱毛器

毛一本一本に超音波を流し、毛根に刺激を与えて脱毛する方法で、肌への負担が最も少ないのが特徴です。毛が長いと超音波が毛根まで届かないこともあり、剃毛と合わせて行うと効果的です。

家庭用脱毛器のメリット

  • 自宅で本格的なムダ毛処理が行える
  • 長く使えるため、全身のムダ毛処理に最適
  • お店に行く手間がなく、他の方法よりも効果が高い

家庭用脱毛器のデメリット

  • 初期費用が高め
  • お店に比べ、効果を発揮するのに時間がかかる
  • クーリングや紫外線対策などのアフターケアが必須

美容サロン脱毛

エステや脱毛専門店などの美容サロンで、脱毛を行うムダ毛処理方法です。

機械で行う場合、家庭用脱毛器よりも高い出力で行うため、セルフケアよりも効果があります。

美容サロンでの脱毛にも、「フラッシュ式(光脱毛)」「ニードル式(針脱毛)」「ワックス脱毛」など種類がありますので、目的や費用に合わせて選びましょう。

美容サロン脱毛のメリット

  • セルフケアよりも脱毛効果が高い
  • 医療機関に比べて費用が安い
  • 美肌効果や他メニュー施術など、脱毛以外も可能

美容サロン脱毛のデメリット

  • 永久脱毛(レーザー式)ができない
  • 医療機関に比べて出力が低いため、施術回数が多い
  • 定期的に店舗に通う必要がある

医療用レーザー脱毛

美容外科や皮膚科などのクリニック(医療機関)で行うムダ毛処理方法が、医療用レーザー脱毛です。

ムダ毛処理方法の中で唯一、永久脱毛を行うことができます。

家庭用脱毛器や美容サロンでの脱毛に比べ、出力が高いため、通う頻度が少ないのが特徴です。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトという宝石を用いて、波長を出す脱毛器です。

冷却用ガスや冷却風で皮膚を冷やしながらレーザーを照射するため、施術中の痛みが軽くなります。

通常のレーザー脱毛で使用するジェルが不要なので、アレルギー体質の方にも最適です。

ダイオードレーザー

レーザーのエネルギーを毛根に集中して照射するため、表皮や周辺組織にダメージを与えずに脱毛ができます。

広範囲の照射で効率が良く、短時間で施術が終わります。

他のレーザー式に比べ、痛みや刺激も少ないのが特徴です。

YAG(ヤグ)レーザー

通常のレーザー式はメラニン色素など濃い色に反応するため、色黒肌や日焼けしている方には使用できませんが、YAGは他の機種に比べてメラニンへの反応が薄いため、皮膚の色に関係なく使用できます。

剛毛、濃い毛、色黒肌の方にオススメです。

ロングパルスYAG(ヤグ)レーザー

1064nmとレーザーの中で最も波長が長く、深部の毛根にまでしっかりとレーザーが届きます。

こちらもYAG(ヤグ)レーザーと同様、剛毛、濃い毛、色黒肌の方にオススメです。

医療用レーザー脱毛のメリット

  • 永久脱毛(レーザー式)ができる
  • 美容サロンよりも通う頻度が少ない
  • 万が一トラブルがあっても、医師・看護師が対応できる

医療用レーザー脱毛のデメリット

  • ムダ毛処理の中では最も費用が高い
  • 出力が高いため、多少の痛みを感じる場合もある
  • 白髪・金髪・産毛には反応しない機種もある

薬剤を使う方法

抑毛クリーム・ローションを使ったムダ毛処理

毛が生える速度が遅くなったり、毛を細くして目立たせなくすることができます。

女性ホルモンに近いイソフラボンを主成分としていることが多く、スキンケア効果もあります。

より細い毛の方が効果が高いことが多く、産毛などのムダ毛処理に有効です。

抑毛クリーム・ローションのメリット

  • 徐々に効果が出るため、不自然さがない
  • 肌への負担が少ない
  • 安いため長く続けやすい

抑毛クリーム・ローションのデメリット

  • 濃い毛や太い毛には効果が薄い
  • ムダ毛を消失することはできない

除毛クリーム・ローションを使ったムダ毛処理

皮膚の上に露出しているムダ毛を薬剤で溶かし、処理する方法です。

カミソリや電気シェーバーのように、肌を傷つけることはありませんが、主成分の配合量が多いと、肌の負担になることもあります。

除毛クリーム・ローションのメリット

  • 肌を傷つけずに、気軽にムダ毛処理ができる
  • リーズナブルなので続けやすい
  • 広範囲、狭範囲どちらにも対応できる

除毛クリーム・ローションのデメリット

  • 顔やデリケートゾーンなどの敏感な部位には適さない
  • タンパク質に作用するため、肌に負担がかかることもある
  • 臭いがキツイ製品もある

脱毛ワックスを使ったムダ毛処理

薬剤の入ったシートやジェルを塗布し、シートを使ってムダ毛を抜き取る処理方法です。

アメリカのテレビドラマの影響で日本でも話題になったブラジリアンワックスも、脱毛ワックスと同じ方法で行われています。

脱毛シートと同様、広範囲のムダ毛を一気に処理できる反面、かなりの痛みを伴います。

脱毛ワックスのメリット

  • 広範囲のムダ毛処理を一度に行える
  • 毛根から処理できるため、しばらくはムダ毛が生えない
  • ドラッグストアなどで簡単に手に入る

脱毛ワックスのデメリット

  • シートを剥がす際に痛みを伴う
  • かぶれ、腫れ、内出血、黒ずみ、埋没毛などを引き起こす
  • 松やにが主成分のワックスでは、アレルギーが出る場合がある

↑PAGE TOP