下着の素材

下着の素材によって、肌を守ったり、悩みを解消することができるんです。素材別に比較して自分にあった下着選びをしましょう。

下着の素材と使い分け

どうして下着の素材を気にするの?

女性はホルモンバランスの変化やストレスで肌が敏感になりやすいですよね。


それは顔だけでなく、体全体の肌も同じです。

かぶれやすくなったり、刺激に弱くなったりしてしまいます。


お肌の調子が悪い時に化粧水を変えたり、低刺激の化粧品を使うのと同様に、下着が触れる肌にも優しい素材を選んであげましょう。

環境や体調、お肌の調子にあった素材を選ぶことが快適な生活への近道です。

素材別メリット&デメリット

下着に使われている主な素材のメリットやデメリットを比較してみました。


それぞれの特徴を知ることによって、どんな下着を選ぶと良いかが分かります。


ポリエステル(化学繊維)

メリット:耐久性が高い、乾きやすい、安く手に入る

デメリット:静電気が起きやすく黒くなりやすい、毛玉ができやすい

綿(植物繊維)

メリット:低刺激で通気性・吸湿性・吸水性・保湿性に優れている

デメリット:乾きにくい、黄ばみやすい、縮みやすい

シルク(天然繊維)

メリット:肌触りが滑らかで肌に優しい、吸湿性・保湿性・放湿性に優れている

デメリット:摩擦に弱く傷がつきやすい、日干しすると変色する虫に食われやすい、値段が高め


一般的に下着売り場に多く販売されているのは、ポリエステル素材です。

安価で手に入りやすいポリエステル素材も魅力的ですが、他の素材にはポリエステルにない魅力があることがわかりますね。


ではどんな時にそれぞれの素材の特徴が生かされるのか見てみましょう。

今日の下着、どの素材を選ぶ?

下着は肌に直接触れるものですので、肌の調子や使用場面によって下着の素材を変えることによって、より肌負担を少なくすることができます。


「こんな時には、この素材がおすすめ!」という内容をまとめてみました。

今日はたくさん汗をかきそう

オススメの下着素材…ポリエステル

速乾性に優れているポリエステルの素材がオススメ。

速乾性が高い下着は、雑菌の繁殖も防いでくれますので、汗の臭い対策にも効果的です。

安価なので気兼ねなく使えるのも嬉しいですね。

敏感肌で刺激を抑えたい

オススメの下着素材…綿

天然素材の綿は肌に優しく、低刺激です。

化学繊維は敏感肌には刺激が強すぎるので、天然素材の綿を選びましょう。

かぶれやすい、ムレが気になる

オススメの下着素材…綿

通気性がよく肌に優しい綿素材がオススメ。

汗をたくさんかきそうな時に綿素材を着用していると、乾きにくく、冷えの原因になるので気をつけて下さい。

アトピーに悩んでいる

オススメの下着素材…シルク

天然シルクは優れた吸放性で、皮膚細胞の働きを良くしてくれます。

治療にも使われているので安心です。

冷え性が辛い

オススメの下着素材…シルク

天然シルクは保温性に優れているので、冷え性の方にオススメの素材です。

吸湿性に優れており、汗をかいてもすぐに乾くので、夏場にも嬉しい素材です。

↑PAGE TOP